FC2ブログ

Home

B型葛茶の適当日記・二番茶

メタマス虎F

今日は、バースト版ドライガーFが収録されたランダムブースターの発売日でしたね。
爆転世代としてはやはり欲しいわけですが、もう闇鍋はカンベンということで、しばらく待ってから某ークションでも価格が下落した辺りで買おうと思います(





そんな日に作る爆転ベイはこちら!











img03420b.jpg
METAL MASTER SERIES A-24 ドライガーF(ファング) グレーメタルver.
ハスブロのメタマスファング!
ドラシエルFドランザーFに続く3番目のメタマスベイでございます。
このシリーズは大体「V FORCE(2002)」だなぁ。


img03423b.jpg
箱の真ん中に配置されているドライガーの写真を良く見てみると、ビットだけ解像度が低い……。
後で合成しやがったな、ハスブロの中の人(


img03422b.jpg
白虎の図柄はドライガーV2のボツ案のようで、スピンアップブックにも見られます。
実採用の絵よりも、こちらの方が猛々しくて個人的には好きですね。


img03421b.jpg
レイの立ち絵も長森作画のV2のもの。
ドライガーFも2002劇中にはCGで登場していますが、残念ながらバニシングムートに敗北を喫するシーンしかありませんでした。


img03424b.jpg
裏っ返してみて。
「フルオートクラッチで強力攻撃、強力持久!」のようなこと書いてあるけど……実際はねぇ(
アタックリング・クロスファングはバランスがいいので、攻撃タイプにも使えそうですけども。





img03425b.jpg
img03426b.jpg
さっそく中身を引きずり出していきます。
成形色は妙に緑がかったグレーであり、無理やり日本の色に例えるならば裏葉柳色(R:193 G:216 B:172)か薄萌葱色(R:186 G:220 B:173)となりましょうか。
この淡い色合いが何とも素敵で、一部パーツが塗装されているのがもったいないほどです。


img03427b.jpg
メタマス名物のメタリック塗装が施されたARと半端な塗装のブレードベース(笑
BBはギミックが内蔵された箇所だけが塗装されています。
だからマスキングする方がめんどいだろ!


img03428b.jpg
BBのギミック保護台紙にはキチンと英語で注意書きがあります。
真っ白けだったA-24Sクリアとは一体……。


img03429b.jpg
その台紙を取り去ると、ARから省略された製造刻印の代わりに「©2002 HASBRO.INC」の文字が。
大体の製造時期はこれで掴めるわけですが、趣味人としてはさらに細かい時期が知りたいわけでして……。
でもまぁしゃーない。


img03430b.jpg
ハスブロベイの一部には、何を狙ったのかよく判らない「BBA」ロゴが一部パーツに刻印されています。
今回のドライガーには、AR、BB、スピンギアにその刻印を確認することが出来ました。
この刻印の配置も片側だけだったり、そうかとおもったらSGには両側にあるなど、かなりオレみたいに適当です(


img03431b.jpg
おっと、言い忘れてましたが、ウェイトディスクのエイトバランスは綺麗なシルバーメッキ!
香港限定白金版と似たような色合いですが、こちらの方が処理が雑っつーか。それに、あちらさんはシルバーメッキじゃなくてホワイトゴールドメッキでしたね(





img03432b.jpg
さぁって、いつもの精神不安定。
精神安定を求め、サクサクと組み立てていきます。
いつになく合いのいいパーツを組み上げていきまして……、





img03433b.jpg
完成! シールがないのは今に始まったことではない(
欧米のベイブレードでありながら、日本的な柔らかさを武骨な体躯にまとったベイとなりました(意味不明
ドラシエルやドランザーと違い、こちらは塗装部が悪目立ちすることはないように思えます。
あっ、見ます?


img03435b.jpg
さて、先の香港限定白金版と同じく、メタマスはこの銀ピカのシールを貼らないことには完成と胸も張れませんので、さっそく貼り付けていきます。
デザインは日本通常版と同様であり、ビットやSGから日本語を廃した程度。


img03436b.jpg
ペタペタと貼付していくの図。どーも今回のシールは糊が弱くて保管が心配ですが……。
あとはARを組み付けて……、





img03437b.jpg
ほんとの完成!!
四隅の目が黄色く輝き、白虎も溢れんばかりのオーラを纏って身を光らせる強者を具現化したかのようなベイに仕上がりました(大げさ
通常版よりも重量感がマシマシとなった感もありますね。


img03438b.jpg
ヒカリモノと透け物と。
米国向けプレーンクリアFシリーズにハスブロのメタマス銀ピカシールを貼ってみたい気もするけど、どっちも入手は困難であり、ぜってぇ無理だな……。


img03439b.jpg
最後はメタマス3人衆で締めます。
あとはドラグーンF(ファイター)を迎えられればめでたくメタマス四聖獣コンプとなりますが、そのドラグーンが売ってないのよねぇ。まぁ、ここまで集まっただけでも上等としますか。
趣味の欲には忠実でありたいけれども、その欲をかき過ぎたあとのしっぺ返しが怖いので(笑










本日は以上です。
ご覧いただきありがとうございました。
    この記事に拍手する
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

曇天の祝日に千頭往復の旅 ~後~

前回の続きです。
蒸気暖房の効いた暖かい旧客で千頭に運ばれてきた兄妹は、特に何かするわけでもなくグダグダと時間を潰し、復路もSL列車で帰ります。










img03401b.jpg
C56 44「水でも呑みますか」
兄「砂糖水?」
C56 44「砂糖水じゃないし、かと言ってチョコレート入りの石炭でもない」
妹「あのねぇ、きかんしゃ1414じゃないんだから」
C56 44「でも休みが欲しい」


img03402b.jpg
兄「あっ、そうだ。オハ35 435については気になることがあったんだっけ」
妹「そーお? 私には普通のオハ35にしか見えないけど」
兄「台車に御注目」


img03403b.jpg
妹「円筒コロ軸受のTR23Hだねぇ。これがどうかした?」
兄「よーく見てみんしゃい。軸箱部に補強リブがないし、側梁との接合部が内側にある」
妹「……スマン、私ゃ台車にはとんと疎くての」
兄「つまりだ、この台車はスハ32用の最初期型TR23を円筒コロ軸受に改造したもの、ってことだわよ」
妹「なるほど。そういや、オハ35 149の台車と比べてみると細かいとこが違うなぁ」
兄「しかし、何でこんな古い方をいちいち改造したんだか」


img03404b.jpg
E101「客車を観察してるのは、今日はあんたらくらいだな」
妹「お兄ちゃんも私も客車大好きだからねぇ」
兄「そういうこった。俺たちゃ、客車に乗れれば何が引っ張ってようが関係ござらんぜ」
E101「冬場にSG効かなくても?」
妹「あ、それは勘弁」


img03405b.jpg
兄「ぼやっとしてたら、機関車が前後を入れ換え終わった」
妹「よく考えてみたら、C56は赤プレの時代があったよね。30年前くらいだったか?」
兄「あったあった。たまにはやって欲しいぜ。ほら、夏と冬の一時は全身赤いし……」
C56 44「兄くぅん? ちびっ子たちの夢を壊すような発言は許されないんDA☆」


img03406b.jpg
兄「ほんとのこと言うただけやのに」
妹「世の中には口を噤んどいたが身のため、ってこともあるんさ」
兄「全く世知辛いですわ。冷え冷えとした世の中であることよ」
妹「でも帰り道も客車をあっためてくれるみたいだから、別にいいんじゃない?」





img03407b.jpg
兄「ちょっと井川線ホームに来てみたが」
妹「1両だけ色違うやつがいるねぇ」
兄「バルコニーの付いたスロフ316だ。何で冬にこんなオープンエアの車両繋ぐのか、理解に苦しむぜ」
妹「やせ我慢したい人向けとか」
兄「風邪引いても自己責任でどうぞ」


img03408b.jpg
妹「どっちかっつーと、冬場はこれの方がいい気がする」
兄「スロニ202か。車内はロングシートっぽいな」
妹「サボが『井川⇔千頭』のままなとこを見ると、最近は使用されてないのかね」
兄「そうさなぁ。3月9日に閑蔵~井川間が復旧するから、営業運転はそれ以降かも」


img03409b.jpg
妹「小っちゃいガソスタがあるとは、全然知らんかった」
兄「井川線のDD20の給油用でしょ」
妹「おやっさん、レギュラー満タンで」
兄「ねーよ」
妹「じゃハイオク満タン」
兄「ねーって」
妹「えぇー。それなら灯油を」
兄「軽油しか扱ってないんDA」





img03410b.jpg
妹「さて、帰りの列車にはまだ時間があるけど……」
兄「やることないから、客車の中で休憩するか」
妹「おっと合点承知の助」
兄「帰りは戦後型のオハフ33 469だ」
妹「この車両、緩急車なのに編成中間に入ることが多いよね」
オハフ33 469「そうなんよ、何でかね。Let's think!」
兄「キミは3年A組担任だったのか」


img03411b.jpg
妹「あぁ……あったかい」
兄「更新修繕されているとはいえ、旧客の温もりたっぷりでござい」
妹「この床の木目の素晴らしさよ。リアル木材に敵うものはないねぇ」


img03412b.jpg
兄「前位側にはアクリルの車番プレートが残っていた」
妹「この車両は電暖化されなかったんだ」
兄「国鉄末期は岡山だったからね」


img03413b.jpg
妹「客室ドアの窓ガラスには『三等車』表記があるけど……」
兄「これは後年に入れられたものじゃないかな。ロケか何かで」
妹「塗り潰しの車内にあって、ちょっと浮き気味かしら」


img03414b.jpg
兄「ああ^~、旧客のボックス席で食べるアイスが美味いんじゃあ^~」
妹「あのね、この時も言ったけど、こーゆーとこで小金使っちまうからお金が貯まらないのさ」
兄「でも甘味には代え難く」
妹「私は塩気が効いたものの方が好き」
兄「塩大福とか」





img03415b.jpg
16002F「お先に失礼するぜ」
妹「じゃあの」
兄「さて、我々の列車もあと20分ばかで出発だ」


img03416b.jpg
妹「黒煙が出てきた。石炭をくべ出したね」
兄「……おぉ!? 窓が何かに突っ掛かって閉まらねぇ」
妹「ちょっと、何壊してんのよ」
兄「壊してない壊してない! ちょっと釣り合いバネがボロイだけさ。……ふぅ、何とか閉まった」
妹「なかば強引に押し下げた気がすっけど」


img03417b.jpg
兄「今日は1日中曇ってて残念だったな」
妹「せやけど、相対的にSGがすごくあったかく感じるから、悪いことばかりじゃあるまい」
兄「おぉ、その意気だ。物事はつとめていい面を見るようにせんとな」
妹「文句ばっか言ってちゃ気が滅入るからねぇ」





img03418b.jpg
C56 44「着いたよ」
兄「もう新金谷か。寝てたら早いな」
妹「寝てたんかい!」
兄「旧客でうたた寝、是最高の幸せ也」
妹「あっそう」


img03419b.jpg
兄「あんさんもお疲れ様やで」
E101「ありがとうやで」
妹「14系を牽引するのに期待してますわ」
兄「12系でも可。そんときゃ、客車に合わせて白帯巻いて」
E101「考えてやるよ(するとは言ってない」





というわけで、いつもの兄妹の適当グダグダな旅路でした。
めでたしめでたし?










本日は以上です。
ご覧いただきありがとうございました。
    この記事に拍手する
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

曇天の祝日に千頭往復の旅 ~前~

建国記念の日の三連休は、2日間も曇天で寒い日となってしまいました。
こんな天気だと気分も乗らないし外にも出たくないものですが、それで3日のお休みを潰すんじゃもったいないので、最終日の今日は別段用もないのにまた大井川鐵道で千頭往復してきました。





喋りはいつもの兄妹にお願い。
特に妹(高3)の方は既に授業がなく、巫女仕事を平日に移動させているので、結構暇です(笑










img03380b.jpg
妹「ちょっと上の方でよく判らん言われようしてるが……」
兄「気にするな!(cv.ジュラルの魔王」
妹「同級生が受験に必死こいてる中、受験しない私は呑気に乗り鉄しますわ」
兄「俺なんか、受験生だった時もカバンにカメラを忍ばせて、受験で遠出するたびに撮り鉄してたぞ」
妹「で、その結果がこれだと」


img03381b.jpg
兄「オハフ33 215に掲出されてる例のアレだ」
妹「アレだねぇ」
兄「この立ち絵は3パターン目だっけか」


img03382b.jpg
妹「反対側はどうかしら」
兄「スイテ82はそのまま、オハ35 435が例のアレ」
妹「そろそろその物言い止めない?」
兄「例のthat」
妹「……」


img03383b.jpg
兄「E101号機がお見合いしてるもんで、綺麗に撮れねぇぜ」
妹「ぶっちゃけ、テールマーク変えたところで補機無しじゃないと目立たないんよなぁ」
兄「土日祝日は無理だと思った方が良さそうね」


img03384b.jpg
妹「で、今日の牽引機は?」
兄「その辺でやる気になってる機関車」
C56 44「あ、じゃあ私じゃない。やる気ないもん」
妹「いねぇじゃねーか」
兄「ジェームス、ってやつさ」
C56 44「あ、あの人は帰国したから(震え声」


img03385b.jpg
妹「まぁC56姐さんってこたぁ判ってたけどよ」
兄「判ってたらそれでいいんDA。じゃ、取りあえずぶらぶらすっか」
妹「はぁ。……南海21003Fはまだ検査中で、ED501号機もお休みのままだねぇ」
ED501「これが快適で快適で」


img03386b.jpg
兄「にいさん、色々取られとんぞ」
ED501「ヘッドライトもテールライトも集電シューも取られたぜ」
妹「とうとう廃車かよ」
兄「いんや、今この機関車が消えたら、三往復時の運転が出来ん可能性がある」
妹「西武三兄弟じゃ心もとないってことかね」
ED501「だからまだこき使われるだろーな」


img03387b.jpg
16003F「それに、E102さんも3月で検査期限切れるからな」
E102「やれやれ、やっと休める」
妹「やる気のない機関車しかいないじゃないの」
C56 44「仕事ってのはやる気出ねぇもんなのよ」
兄「ゼニ稼ぐためで、それ以上それ以下でもない」
E102「お嬢もそのうち判る日が来るで」
妹「ったく、こいつらときたら」


img03388b.jpg
兄「さて、そろそろホームへ」
妹「まだSLには時間があるのに」
兄「今回は家山で途中下車して、おでんを食べてからSLに乗るんさ」
妹「あっそう。あ、下1番の客車が今日のSL編成かな?」
兄「スハフ42 186オハ35 149オハ35 559オハフ33 469オハ35 435だな」
妹「オールぶどう色でいいゾ^~」


img03389b.jpg
兄「あんれ、スハフ42 184の組成位置がいつもと違う」
妹「そうねぇ、いっつもスハフ42 286とオハ47 81で固まってるもんねぇ」
兄「見たところ、オハ47 81は検査入りしてるようだけど」
妹「たまには別のとこ繋がりたいもんなのよ、きっと」


img03390b.jpg
兄「おっと、上りの東急が来たぜ。乗ろう」
妹「これ金谷行きやんけ」
兄「どうせフリーパスを使ってるんだから、逆方向に乗ったってええんやで」


img03391b.jpg
妹「ほいさ到着」
兄「折り返しは赤帯の消えたモハ7305に乗るか」
妹「前と後ろで顔が違うお得な(?)車両だけど、お兄ちゃんはどっちが好きなん?」
兄「俺はやっぱ王道を往くダイヤモンドカットですかね」
妹「へ、へぇ。私は改造車然とした平面顔が……おい、変な憐憫の視線を垂れるな」


img03392b.jpg
兄「だから何度も言ってるように、俺は貧乳が好きなんだって」
妹「アンタに好かれたって意味ねンだわ」
兄「好かれたことあんのかよ」
モハ7305「痴話喧嘩はよせよ。それと、家山着いたぞ」


img03393b.jpg
妹「何かこの時点ですんごい疲れた」
兄「ロングシートなのに眠くなるしな」
妹「いってぇ誰のせいだと思てんのやら……」
兄「どうでもいいが、木製ラッチの向こうを大手私鉄の通勤電車が走ってるってすごいよなぁ」
妹「どうでもいいが、早よおでんを買いに行きませんか」
兄「ヨシキマリダイソゴウ」


img03394b.jpg
妹「で、何で駅の待合室で食べるのさ」
兄「なーに、たまにはいいじゃねぇか」
妹「ま、多少はね? ……うーん、何回食べても静岡おでんは、まさに傑作だY☆」
兄「ダシが黒くなきゃ、おでんとは言えねぇよなぁ」
妹「つまり、例のしらたき動画については、ダシが黒くないからおでんではないと」
兄「おでんではないかどうかはともかく、食べ物を粗末にするのはダメってはっきりわかんだね」





img03395b.jpg
101レ C56 44号機牽引 スハフ42他旧客5両+E101号機 SL急行かわね路1号
妹「おっ、SL列車が来た」
兄「何だ姐さん、やる気あるじゃないですか」
C56 44「やる気ないけど、これが仕事だからね」
妹「働け働け……私も働くから」


img03396b.jpg
C56 44「ところで、お嬢は何の仕事してるの?」
妹「巫女です」
兄「何が祀られてるかもよく判らん神社の」
妹「このブログ主が設定練ってないんだよ」
C56 44「キャラがブレるのもそのせいか」
兄「メタいことを言うな、メタいことを……」


img03397b.jpg
C56 44「発車しますよ」
兄「おうヤバい、乗らねば」
妹「スハフ42 186のボックスを確保出来たぜ」
兄「でかした。やっぱし窓側にも肘掛があるといい」


img03398b.jpg
妹「この車両は元電暖搭載車か」
兄「東北方面に配属されてたからね」
妹「2000番台の他に区別する方法ある?」
兄「座席の下、枕木方向にヒーターが設置してあるんDA」


img03399b.jpg
妹「そいでも大鐵では蒸気暖房オンリーである」
兄「ああ^~、ぬくといぜ。」
妹「ぬくといと言やぁ、笹間渡の河津桜がいい具合に咲いているね」
兄「Zzz……」
妹「車内の暖気に当てられたか……」





img03400b.jpg
兄「あ、ヤバい、寝落ちした」
妹「遅かったな、もう千頭だ。外の寒さで目ぇ覚ましんしゃい」
兄「うわ、ほんに寒い。暖地型の俺にはキツイぜ」
妹「この痴れ者が……」





いつものようによく判らない掛け合いをしながら千頭までやってきた兄妹は、機関車の入換を見た後にすぐ同じ列車で引き返します。
だって特にやることないもんで……(笑










本日は以上です。
ご覧いただきありがとうございました。
    この記事に拍手する
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ピンク色の疑惑

いつの間にやらカレンダーが2月に入りまして、恐らく年度末で部署が異動になる私は引継書の作成やら何やらに取り掛からねばなりませんが……なぁーんもやってねぇ! もういいやシラネ(





せっかくのお休みですから鬱々とする仕事からは目を逸らし、ベイブレードで現実逃避。
今回のベイはこちら!(なお、久々に組立済みベイの紹介です)











img03366b.jpg
??限定? ドラシエルF(フォートレス) ピンククリアver.
フォートレスの桃色クリア!!
今まで見たことはおろか、聞いたことすらなかったカラーのドラシエルです。
色合いは薄めのピンクで、まるでピンクグレープフルーツのよう。


img03367b.jpg
ブレードベース側から。
どんな色であれ、ドラシエル系のこのメカニカルな感じが重厚感と強力な防御力(でもSより弱い)を感じさせますね。


img03368b.jpg
ジョイントをバラすとこんな感じ。
ウェイトディスクは正規のエイトバランスに代わり、ブルーメッキのエイトヘビィ(コロコロ限定WDセットのものか)が装着されていました。
某ークションで落札したこのベイ、出品者様も詳細は不明とのことであり、はてさて何の限定ベイなのか?
しかし、こやつには重大な疑惑が掛かっています。それとはつまり……、
染色説。





img03369b.jpg
福箱2002限定プレーンクリア(左)をピンクに染色したのが今回のベイなのではないか、という疑惑です。
私ごときトーシローが断定出来るはずもありませんが、その疑惑を裏付けるような証拠を見ていきましょう。


img03370b.jpg
証拠その①:製造刻印が同一である
両者とも製造刻印は「01↑11」を指しています。
しかも矢印の先は「11」の十の位付近を指しているのも共通しており、これは同一のベイなのではないか?


img03371b.jpg
証拠その②:製造ロット記号が同一である
アタックリングの裏には製造ロットを示すアルファベットがありますが、どちらも「A」です。
心なしか、文字の傾きも同じに見えますね……?


img03372b.jpg
BBにあるアルファベットも同一です。
なおこのロット記号、A-27Sプレーンクリアは「B」、ハスブロメタマスは「D」となっています。


img03373b.jpg
証拠その③:ゲート痕まで色が付いている
クリアベイではランナーから切り出した際、ゲートが付いていた箇所がどうしても衝撃で白化してしまいます。
んがしかし、今回のベイはその痕まで色が付いてるよなぁ……。
こりゃつまり、ランナーから切り出した後に染色した、ということではないか?


img03374b.jpg
スピンギアを固定するクリップも同様。
しっかり色が載っているように見えます。


img03375b.jpg
他のカラークリアベイはどうか?
EX店限定ドライガーFレッドクリアのSGパーツはこんな感じ。
ゲートが付いていた箇所は白化していますね。


img03376b.jpg
同じくクリップ。こちらはSGほどではありませんが、やはり白化しています。
もっともこの辺りは、慎重に慎重にうまーく工具を使って切り出せば白化しないのかも知れません。
私が不器用であるがゆえに、ガンガンに白化してるだけかも知れないですしねぇ。





以上、たった3つのファクトからオレが導き出した答えはコレだ!
このベイは福箱クリアをピンクに染色したものの可能性が微レ存。










img03377b.jpg
んなことクドクド言ったって、限定品だろうが加工品だろうが、結局ベイは見た目がカッコよけりゃいいのよ。
このフォートレスだって綺麗ですし、本当に染色であればパーツ全体が均一に染まっていて、かなりの高クオリティであることには疑いの余地はありませんから。
何事も箔押しだけ見て判断しちゃいけませんぜ。


img03378b.jpg
最後はいつものようにシールを貼って締めます。
今回はカスタマイズシールPart2からチョイス。「目」は黄色と赤がありますが、黄色を選びまして……、


img03379b.jpg
完成!!
四方の防御スパイクには玄武の紋章を配し、ベイ中心に行くにつれ色が濃くなって聖獣の滾るパワーを感じさせるベイに仕上がりました(大げさ
そして、どうしてもピンクグレープフルーツが食べたくなってくる(笑










本日は以上です。
ご覧いただきありがとうございました。
    この記事に拍手する
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ドライガーのキミ(缶入り

NHKドラマ10のトクサツガガガがなかなか面白くて、毎週楽しく観ています。
その劇中には「トライガー」というキャラが出てきまして、爆転ベイ世代の私は「ん、ライガー?」と空耳してしまったりするわけですが……。





ってなわけで、今回組み立てるのはライガー!(どんなわけだ











img03333b.jpg
H-99 香港アニメ化記念 ドライガーS(スラッシュ) 限定白金版
香港ドライガーはプレーンクリアだけじゃねぇ! もう1つは、シールが銀ピカになった限定白金版だッ!!
このベイの入手もなかなか大変でした。数年前に某通販サイトで見かけ、買うか買うまいか逡巡しているうちにサイトが消滅、こりゃ無理かと諦めていたところ某ークションに出品され、クモの糸に群がる亡者の如く飛び付いたわけであります(笑


img03334b.jpg
「白金」とありますが、英字表記は「PLATINUM」ではなく「WHITE GOLD」となっています。
無理に白い金と言わなくても、普通に「銀版」でいいような気がするけどなぁ。


img03335b.jpg
「平衡」の2文字の上に「バラ ンス」が載っかっているのが妙に律儀というか。
「Combination」の上に配置した方が、それこそバランスがいい気がします。


img03336b.jpg
裏っ返すとこんな感じ。
広東語は判りませんが、どうやら「18K金ウェイトディスク抽選」に伴う諸注意みたいなことが書かれているようです。
スリーブ下部のミシン目部分に必要事項を記入し、オリエンタルトレーディング社に送って抽選、ということだと思いますが、さて当たった人はいるのかしら。
「68,000元」相当のWD……写真だけでも見てみたいものです。


img03337b.jpg
スリーブを除くと、豪勢に取っ手の付いた缶が出てきました。
缶入りのベイなど、世界広しといえどもこの香港限定のドラグーンS・ドライガーS以外には存在しないと思われます。
香港じゃおいくらで売ってたのかねぇ。


img03338b.jpg
そしてこの缶カン、無駄に両開き(笑
意味あんの?





img03339b.jpg
さーて、中身御開帳っと……。


img03340b.jpg
ベイ本体とシューター・ワインダーの他に、おまけアイテムが2つほど。
まずはおまけから見ていきます。


img03341b.jpg
おまけアイテム①:多分シリアルカード
パッケージと同じデザインがカードになっています。
番号は「W14366」であり、「W」は「WHITE GOLD」から来ているものでしょうか。
よく考えてみると、スラッシュなのに白虎とレイはドライガーFの作画ですね。ドライガーSはアニメ作画じゃないからしょーがないか。


img03342b.jpg
カード裏面にはジョイントの記載が。
ドラグーンS香港クリアの時も書きましたが、クリア版と缶入り版とでは広東語表記が結構違います。
この画像と見比べていただきますと……、


BT:ドライガー(白虎 青翼戰虎)
AR:タイガーディフェンサー(猛虎防禦 猛虎防禦型)
WD:(両者でモノが違うので割愛)
SG:ライトスピンギア(右迴轉 右迴轉齒輪)
BB:メタルチェンジベース(猛虎平衡型 金屬切換型底部)

太字が今回の缶入り。
どうもH-90プレーンクリアの方が、正確にパーツ名を訳しているように見えますね。
どっちかに揃えとくれ!!


img03343b.jpg
おまけアイテム②:内容が微妙なシール
どこにどう使っていいかよく判らないシールです(
真ん中やや上の白虎についてはオレンジクリアビットとして採用しましたが、それ以外は……。
マスタードラシエル本体が写ってるのを同ベイのビットに貼ってみるかね?


img03344b.jpg
微妙なおまけの次は本体へ……っとその前に、シューターとワインダーを。
イージーシューターはノーマルですが、ワインダーは嬉しいドラゴンワインダー!
灰色なのも珍しいですね。ドラゴンワインダーには他に見ないカラーだと思います。


img03345b.jpg
さて、ようやくベイ本体へ。
パーツ構成は通常版と大きく変わりませんが……、


img03346b.jpg
大きく変わったのはWDでして、シルバー……ホワイトゴールドメッキのエイトバランス(八角平衡型)を装備!
このベイを白金版として位置付ける重要なパーツの1つです。


img03347b.jpg
本体の成形色は通常版と変わりありません。
余計にWDの存在感が引き立つというもの。


img03349b.jpg
もう1つの重要な白金要素が、この銀ピカシール!
大げさに言えば、WDとシールがこのベイを白金版たらしめているのであり、その2つをすり替えてしまえば通常版と全く区別は付きません。


img03350b.jpg
シールの比較も。
全体的に銀ピカになったことの他、SG部に書かれた「R」の形状が異なります。
通常版は「R」右下が直線に伸びているのに対し、銀ピカ版は大多数の右回転ベイと同様に曲線となっています。
そもそも通常ドライガーSの「直線R」がイレギュラーなのであり、これは爆転ベイn不思議(n>=1)の1つであるとかないとか(どっちだ


img03355b.jpg
サブビットはレイその人でした。
こっちも銀ピカにしてくれりゃよかったのにねー。


img03351b.jpg
こちらは取説。
まぁ、ツッコミどころの多いとこでして、色々言いたいことはありますが、一部にとどめて(笑


img03352b.jpg
品番はちゃんと「H-99」に変更されています。
「限定特別版」表記はプレーンクリアに見られたもので、今回の缶入りには記載されてなかった気がするけど……別にいいか。


img03353b.jpg
ドラゴンワインダーのイラストがあらぬ所に出現。
レイヤー消せよ!


img03354b.jpg
通常版(上)と比較すると、組み立ての見出しのフォントが違ううえ、ルビも振られていません。
フォント違いと言やぁ、株優グリップアタッカーもそうだったなぁ。





img03356b.jpg
いつになく牛の歩みでしたが、ようやくいつもの精神不安定!
でも、本体パーツはWD以外通常版と同一ですから、そこまで気負ったわけでもなかったり(


img03348b.jpg
あぁそうだ、製造刻印は「02↑6」でした。
香港限定ベイは全て同じ製造時期だったことになります。
名目が「アニメ化記念」ですから、製造が集中してるのは当たり前か……。





img03357b.jpg
ひとまず組み上げて完成!
色は通常版と同じっても、チラ見するWDの銀……白金色が何か特別感を感じさせます。
一応見ます?


img03359b.jpg
さて、このベイはシール貼らなきゃ白金版と胸張って言えないので、早速貼り付けていきますぜ。
しかしこのシール、クリアベイに貼りたいなぁ……。


img03360b.jpg
そんなこと言ったところで、このシールを貼らねば永久に完成しません。
迷いを吹っ切って台紙から剥がし、慎重に貼り付けていきまして……、





img03361b.jpg
完成!!
まさに白金の虎であり、2つの爪が光を受けて煌めくヒジョーにふつくしいベイに仕上がりました(大げさ
いやー、カッコよす。


img03362b.jpg
通常版と並べてみると、ARから赤系統の色が除かれたことにより、より硬質的なイメージが強くなります。
スラッシュというよりはファング寄りのイメージかな?


img03363b.jpg
香港ドライガー同士の並び。
各々もう1つ入手出来たら、クリアの方に白金版シールを貼り付け、白金メッキWDを装着してみたい……って、いつかもおんなじこと言ってたぞオレ(


img03364b.jpg
最後に、同じく缶入りのH-88ドラグーンS限定金版と。
よくもまぁこの2つが入手出来たと思います。一昔前はこれらのベイの存在すら知りませんでしたから……。
もっとも、知らない方がよかったのかもね(懐的に










img03365b.jpg
本日は以上です。
ご覧いただきありがとうございました。
    この記事に拍手する
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home

Tag Cloud
Search
Monthly Archive
Feeds

Return to page top